本・書籍の自炊におすすめのスキャナー ScanSnap iX500の使い方

ミニマリズム




本・書籍の自炊に ScanSnap iX500というスキャナーを使ってみた

どうも、Kenです。ライス、200円です。

 

大量に抱えていた書籍をデータ化し、物体の本を処分できました。

新たなスペースが部屋に生まれ、人生の荷物が減り、本の重圧から開放されて幸せになったと思っています。

そんな書籍の自炊に活躍したのが

ScanSnap iX500

というスキャナーです。

 

本の自炊のやり方としては

本を裁断した後、ページをスキャンする

という流れになっていて、最後の「スキャン」でScanSnap iX500が活躍したわけです。

今日は、本の自炊に使ったScanSnap iX500という富士通のスキャナーの使い方をまとめておきます。

 

 

ScanSnap iX500 の基本スペック

まず基本情報から見ていきましょう。

気になる寸法は

29.2 cm × 15.9cm × 16.8cm

の大きさ。

重さは大体3 kg です。

ScanSnap iX500 使い方

家庭用プリンターより小さくて収納しやすいので、家に置いても邪魔にならないでしょう。

 

 

ScanSnap iX500 の使い方

使い方も見ていきましょう。

 

電源につなぐ

ScanSnap iX500 を電源につなげます。

ScanSnap iX500 使い方

AC アダプターを ScanSnap iX500後方に挿し、プラグを電源にさします。

 

PC に接続する

今度はスキャナーをパソコンに接続しなければなりません。

パソコンへの接続方法は、

  1. USBケーブルで接続
  2. 無線で接続

があるみたいですが、ぼくは一番原始的な「USBケーブルでの接続」を試みました。

ScanSnap iX500 使い方

USBケーブルが付属されているので、こいつでScanSnap iX500の本体とPCを接続しましょう。

 

ScanSnap iX500を PC に繋いだら、ScanSnap iX500 のソフトを立ち上げてください。

ScanSnap iX500 Manager

というやつですね。

ScanSnap iX500 使い方

これで準備完了です。

ScanSnap iX500 使い方

 

本をセットする

スキャンの準備が整いましたので、本をセットしていきましょう。

ScanSnap iX500 使い方

注意して欲しいのは本の向き。

ScanSnap iX500では、

下面のページから読み込んでいきます。

その次に読み取るのが裏面のページです。

 

下側にはじめのページがなるようにセットすればいいのです。

両面を読み取ったらコンベアで外に送り出され、次のページがスキャンされるようになっていますね。

分厚い本は一度にすべてのページが入らないので、小出し戦法がおすすめ。

厚み2cm分ほど入れたら、都度、残りを見ながらセットしていきますよ。

 

スキャンをスタートする

いよいよスキャンしていきましょう。

青く光っているボタンを押すとスキャンがスタートします。

 

このように次々にページがスキャンされては押し出されていく、ということを繰り返していきます。

自分でページを差し替える必要はありません。

 

スキャンの時間はページ数と大きさにもよりますが、だいたい

5~10分ぐらいで一冊スキャンできるでしょう。

 

紙詰まり・重なりに注意

じゃんじゃんページがスキャンされて PDF 化されていきます。

 

ただ、時折エラーが発生して停止することもあるので要注意です。

主な原因は次の2つですね。

  1. 紙詰まり
  2. 重なり

紙詰まりは、セットするページ数が多すぎて、滑りにくくなったことが原因。

そういう時は一度スキャンを停止し、詰まっているページを取り出してから再開するといいでしょう。

 

さらに「重なり」に関して。

複数のページが一度にスキャンされてしまう現象です。

重なっている用紙を探して、指でずらして重なりを取り除いてから再度セッティング。

もう一度青いボタンを押してスキャンを再開すれば OK です。

 

保存する

スキャンが終わったらファイルを保存します。

PC上で「ScanSnap iX500 Manager」が立ち上がるので、左上の「指定したフォルダに保存」を選べばオッケーです。

これならば、指定した場所にデータを保存できますね。

ローカルに保存していいと思います。

その後に、ローカルから違うもっと安全な保存先である、

  • 外付けのハードディスク
  • クラウドサービス

にアップロードして、バックアップを取っておけばいいでしょう。

僕の場合、ドロップボックスの「Dropbox Plus」というプランで契約していますので、2テラバイトまでアップロードできます。

 

Dropbox に興味がある方はこちらから登録してみてくださいね。

 

 

ScanSnap iX500 は本の自炊以外にも使えてミニマリズムに必須

以上が ScanSnap iX500 の使い方でした。

ScanSnap iX500 のいいところは、

1枚1枚の紙を高速に両面スキャンできること

ですね。

スキャン枚数の多い書籍にぴったりです。

 

僕個人としては、書籍以外にもスキャンすることが多く、例えば

  • マラソン大会の賞状
  • プリント
  • 成績証明書

など、記録に残しておきたいけど、紙という物体は邪魔、という書類をスキャンして現物を処分するようになりました。

おかげで家の中の紙を減らせて、紙が散らかりにくくなりました。

書籍の自炊に興味がある方も、ミニマリズムを実践したい方もよかったら使ってみてください。

 

それでは!

Ken