財布を持たない生活をしたら財布の重圧から解放された話

ミニマリズム




財布が重いと気づいた

最近、

「外出する時の荷物が重いな・・・・!」

と感じ、鞄の中の荷物を減らしたいと思うようになりました。

その筆頭に上がってきたのが、

財布

です。

僕の財布は結構大きい。

財布を持たない

父からプレゼントしてもらった財布なのですが、

「お札を曲げないで入れるのが男の流儀だ」

という父の教えを受け、大きい財布を使い続けてきたんですが、やはり重い。

試しに質量をはかってみたところ、

197.7g

ありましたね。

財布を持たない

ぶっちゃけそんなに重くないですが、持たないで外出する方が最高に決まっています。

 

電子マネーが最近普及してきて、僕自身も電子マネーで決済することが多かったので、実際に1日財布を持たないで生活をしていました。

スタイルとして持って行ったのは

  • PASMO
  • クレジットカード

をクラブビーウォレットというカードしか入らないアイテムに入れました。

財布を持たない

そして、スマホに「楽天ペイ」を入れてありますので、現金以外の決済手段として

  • 交通系電子マネー(PASMO・Suica)
  • クレジットカード
  • 楽天ペイ

という3つの決済が使える状態で外出してみました。

実際にやってみたところ、お財布の重圧から解放されてすごい幸せな気分で帰ってこれましたので、今日はその財布を持たない生活のメリット・デメリットを書いておきます。

 

 

財布を持たない生活のメリット

まずはメリットからですね。

 

財布を盗まれる心配がない

やはり財布を持ち歩く最大のリスクは

盗まれてしまう

ということです。

僕自身、財布が盗まれることが怖く、席を立つ時は必ず財布を持つようにしていました。

席を立つたびに財布を取り出す動作もめんどくさいですし、歩く時は常に財布と行動を共にしなければならないので、肉体的にも精神的にも疲弊していました。

しかしながら、財布を持たない生活をしてみて、

気にかけるものが1つ減った

というのが大きかったです。

財布の心配をせず、気軽に席を立つことができるようになりました。

 

紛失する恐れが0

また、盗まれるだけではなくうっかり財布をなくすことも恐怖ですね。

僕は財布に

  • 免許証
  • 保険証
  • キャッシュカード
  • クレジットカード

など数々の重要物を入れているので、これをなくすと大変なことになります。

 

そのため、財布を持ち運んでいる時は絶えず、

自分が財布をなくしていないか?

を確認しながら生活していました。具体的にいうと、ポケットを触って財布の手触りを確認し、ほっと一息をつくというみみっちいことをしていました笑

今回、財布を持たないで生活することで、

財布の生存確認というタスクがなくなり、エネルギーを節約できるようになりました。

 

物理的に軽くなった

また言わずもがなですが、財布を持たなくなることで物理的にも身軽になりました。

僕の財布は200g ぐらいあったので、この200 gを持たないで移動して生活できるようになったことはでかいです。

はっきり言って、肉体的に楽になり疲労が軽減されましたね。

 

200 g と言っても馬鹿にできるものでなく、200gといえばドローンの規制法に引っかかるドローンの重量に相当します。

世間ではこれが空を飛んではいけないことになっているので、それぐらい重いものを運んでいたわけですよ。

 

支払いが楽になる

財布を持たなくなると、現金決済ができなくなり、

電子マネー・スマホ決済でお金を払おうとします。

 

そのため、全ての決済が現金ではないので、現金を財布から出す手間とか、ジャラジャラとお釣りを考える手間(960円のところを1010円で出すような行い)とか、そういうものが一切省けるので買い物が楽になりました。

 

買い物の履歴が残る

さらに現金決済でないと履歴が残ります。

クレジットカード、電子マネー、スマホの QR コードの支払いなど、現金以外の支払い方法にすればどこかに履歴が残ります。

そのため、いちいちレシートや領収書保存していなくても

自分がどこいつで何にお金を使ったのか?

を把握できるというメリットがありますね。

 

一円単位まで使える

また現金で買い物しなくなったので、1円単位まで細かくお金を使えるようになりました。

例えば、980円(税込)のものを買って1000円札を出したら、10円玉が2枚出てしまい、その20円玉は出番がない限りは死んだも同然。財布の中に眠ることになり、最終的には貯金箱や缶詰の中に入り込むことになります。

この活用されていなかった小銭が電子マネー、クレジットカード、スマホ払いでは発生しないことになります。

一円、五円、十円など細かいお金まで活かせるようになったのは良いことだと思います。

 

 

財布を持たない生活のデメリット

ここまでいいことばかりあげてきましたが、財布を持たない生活のデメリットももちろんあります。

 

現金のみの店に行けなくなる

やはり現金支払いしかできないお店には行けなくなってしまうことですかね。

まだ日本では現金のみのお店がありますので、そのお店に行くと決めたら財布を持たなければなりません。

そのお店のために財布を持つことになるので、現金のみの店に行くためにはある程度覚悟が必要になってきます。

 

レシートや領収書を保存しにくい

また、財布は小銭やお札だけでなく、領収書・レシートを保存する機能もあります。

本当に財布を持たないと、

領収書やレシートという支払い証明書を保存するのが難しくなってしまいます。

ただ、先ほど挙げたように、電子マネーやクレジットカードなら買い物の履歴が残るのでレシートや領収書は経理をしない限り不要っちゃ不要です。

 

新しい店を開拓できなくなる

また、現金で支払うことしかできなくなると、新しい店の開拓ができなくなってしまいます。

なぜなら、開拓した店が現金のみの支払いだった場合詰んでしまうからですね。

そのため、この生活では冒険ができず、電子マネーやクレジットカードが対応している知っている店を選んでいくことになります。

結果的に、超保守的な生活を送ることになりますね笑

 

自分の身分を証明できなくなる

僕の場合、財布に免許証などの身分証明書を入れていて、いつでも身分を証明できるようにしていました。

しかし、財布を持たないと、

身分証明ができません。

そのため、職務質問に会ったり、いきなり卒倒したり、事故にあったりしたら、

自分が誰かを証明できないので治療が遅れてしまう可能性もあります。

今後IDの必要性を感じたら、PASMO 、 クレジットカードに加えて免許証も持ち運ぶようにしようと思います。

 

 

しばらく財布を持たないで生活してみよう

以上が財布を持たない生活のメリットとデメリットでした。

まだ始めて間もないですが、

あまりにも手間が省けていて幸せだったのでしばらく財布なしの生活を続けてみようと思います。

興味がある方はぜひ勇気を出してトライしてみてください。

 

それでは!

Ken