【口コミ・評判】1年間ウェザーステーションNETATMO(ネタトモ)を使ってみた感想

Netatmo(ネタトモ)




 

自宅の室外・室内の天気の情報を知ることができる IoT 製品のウェザーステーションNETATMO(ネタトモ)。

この製品を使い始めてから1年ぐらいが経過した今、改めてこのNETATMO(ネタトモ)を使ってみた感想などの口コミ・評判情報を書いてみたいと思います。

ネタトモ 口コミ 評判

僕がこのNETATMO(ネタトモ)を使い始めたきっかけは、JINSのコワーキングスペースのThink LabさんがNETATMOを活用されていたのを目撃したからです。

そこでは、室内の二酸化炭素濃度を計測し、換気を定期的に行うことで集中力を保とうとする試みがされていました。

この取り組みが面白いと思い、ぼく自身も自宅にもネタトモを導入することにしました。

今日はこのNETATMO(ネタトモ)を1年まるまる使ってみましたので、その感想を忘れないうちに書いておきます。

 

 

ウェザーステーションNETATMO(ネタトモ)を使ってみた感想

NETATMO(ネタトモ)を使っていて、次のようなことを思いました。

 

換気を定期的に行うようになった

やはり一番重宝したのが、

NETATMO(ネタトモ)の二酸化炭素濃度を計測するという機能。

ネタトモ 口コミ 評判

お手持ちのスマートフォンにNETATMO(ネタトモ)のアプリをインストールしておけば、室内のがどれくらいの二酸化炭素濃度になっているのかをリアルタイムで知ることができます。

しかも、ありがたいことに

NETATMO(ネタトモ)のアプリでは二酸化炭素濃度が高すぎると通知してくれるのです。

 

基準は二酸化炭素濃度が1000 ppm を超えるかどうか。

もし、1000ppmを超えると、次のような通知が来ます。

ネタトモ 口コミ 評判

さらにその通知を無視して換気しないでいると、二酸化炭素濃度2000 ppm でもう一度通知がきます笑

ネタトモ 口コミ 評判

ここまで注意されるとさすがに命が危ぶまれているんじゃないかと思って焦り始めますので換気をしましょう。

 

このように、NETATMO(ネタトモ)を使い始めてから、自宅で仕事をしている時は1000 ppm を超えないように換気をするようになりました。

後は、ずっと窓を締め切りにしている就寝中に溜まった二酸化炭素を外に逃がすために、朝起きた時などは必ず換気をするようになりました。

逐次室内の二酸化炭素濃度に注意を向けるようになったので、知らず知らずのうちに自分が吸っている空気に二酸化炭素がどれくらいあるのかを感じることができるようになった気がしています笑

 

若干防犯対策にもなる

NETATMOというウェザーステーションは二酸化炭素濃度だけではなく、室内のデシベル数を計測できます。

ネタトモ 口コミ 評判

デシベルとは音の単位ですので、

「どれだけ室内に騒音があるか?」

を計測できることになります。

 

実はNETATMO(ネタトモ)のデータは部屋にいなくても外出先からもチェックできます。

それゆえ、いきなり外出先で確認した時にいつものデシベル数よりも大きな音が部屋で発生していたら、部屋の中に誰かがいるということになります。

もしかしたら泥棒かもしれないので今すぐ帰宅した方がいいでしょうね。

 

ただ、このウェザーステーションのNETATMO(ネタトモ)は完全な防犯用というわけではなく、超ライトの使い方になります。

がっつり防犯対策としてネタトモを導入したい場合は、

NETATMOプレゼンス

という商品がございます。

こちらを利用するといいでしょうね。

 

自分のウェザーステーションが持てる喜び

ここまで二酸化炭素濃度やデシベル数など、天気に関係ない数値を取り上げてきました。

が、もちろん、NETATMO(ネタトモ)の最大の強みは

自分のウェザーステーションを持てるようになった

ということです。

実はNETATMO(ネタトモ)には室内用と室外用の2種類のデバイスが付属されています。

ネタトモ 口コミ 評判

家の外にデバイスを設置すれば、外の天気情報である

  • 気圧
  • 湿度
  • 温度

などのウェザー情報をリアルタイムで計測できます。

ネタトモ 口コミ 評判

しかも、追加アイテムの雨量計、

風速計などを購入してやればウェザーステーションの機能を拡張できます。

自分のウェザーステーションで降水量、さらに風の強さなども計測できるようになっちゃうんです。

 

これは自宅で農家などの天気に影響されやすいビジネスをしている方にとっては革命的と言えるでしょう。

一昔前までは特別な機材を持つ一部の人しかウェザーステーションを自前で持ってませんでした。

しかし、このNETATMO(ネタトモ)のおかげで、天気と全く関係ない僕のような一般人でも自前のウェザーステーションを持てるようになり、天気の観測者として活動できるようになりました。

これはまさに天気の観測の民主化と言ってもいいでしょう。

天気好きの方は絶対NETATMO(ネタトモ)が好きになると思います笑

 

という感じで、二酸化炭素濃度、デシベル数と言った実用的な数値をリアルタイムで計測してチェックできるだけでなく、天気を計測する機械としても活用できちゃいます。

NETATMO(ネタトモ)が気になる方はよかったら導入してみてくださいね。

 NETATMO 設定

 

それでは!

Ken