9年間捨てられなかった富士山の杖を処分した

ミニマリズム




9年間捨てられなかった富士山の杖があった

どうも、Kenです。質感に、注目してます。

 

長年、使っていない不要な物を自宅に置きっ放しにしてきました。

それは

富士山の杖

です。

2009年に富士登山をした時に購入した杖で、実際にこの杖を使って富士登山に成功。

山頂まで行って御来光を拝むことができました。

 

しかしながら、それから9年間、富士山に登らなかったのにもかかわらず、杖は自宅に放置したままになっていました。

全長132cmで長いのですが、細長いので部屋に置いても邪魔にならなかったのです。

9年間苦楽を共にしてきたこの富士山の杖も、ミニマリズムに目覚めてから明らかに不要だと感じるようになり、処分することにしました。

 

 

富士山の杖の処分方法

富士山の杖の処分方法はだいたいカーペットの芯と同じでした。

 

粗大ゴミにならぬように50cm 以下に切り分けて、燃えるゴミとして出す方法ですね。

木の棒は最低の50cm以下ならば大抵の自治体で燃えるゴミとして出せるようなので、この処理方法でいいんじゃないですかね。

富士山の杖を処理するために使うのが

  1. ノコギリ
  2. マジックペン
  3. A 4用紙
  4. 巻尺

の4つです。

 

Step1. マーキング

まずは富士山の杖にマークを付けていきましょう。

このマークは「ノコギリで切るポイント」を表すマークのことです。

巻尺で50cm間隔になるようにマークを付けていきます。

 

Step2. 下に紙を敷く

富士山の杖へのマーキングが完了しましたら、杖にノコギリを入れていきます。

切る前に準備しておきたいのが、

木の下に紙を敷く

ということです。

なぜなら、ノコギリで富士山の杖を切り落とすと、木屑が出てしまうからですね。

その木屑をキャッチできるように紙を敷くわけです。

 

Step3. 切り落とす

いよいよ富士山の杖を切り落としていきます。

前回挑戦したカーペットの芯は中身が空洞になっていたので、すぐに切り落とせました。

 

が、今回の富士山の杖ははっきりいって難易度が高い。。

棒の中身がパンパンに詰まっているので、切り落とすのが大変でした。

危険な作業なので、防護メガネと軍手を着用し、本格的に切り落とす準備をした方が良さそうです。

なんとか10分ぐらいで3つのパーツに切り分けることに成功しました↓

 

Step4. 燃えるゴミで出す

後は燃えるゴミの日に出すだけです。

富士山の杖はノコギリで切ると切り口がギザギザするので、袋に入れると破けてしまうかもしれません。

そういった場合は ゴミ袋を二重にして燃えるゴミに出すといいかもしれませんね。

 

 

さあ、富士山の杖に別れを告げよう

という感じて、厄介に見えた富士山の杖の処理方法も意外に簡単。

50cm 以下に富士山の杖を切ってしまえばこっちのもので、あとは燃えるゴミで出せますからね。

ぼくと同じように富士山の杖を放置し続け、処理に困っている方は良かったら実践してみてください。

 

それでは!

Ken