捨て方は簡単!気づいたらハンガーだらけになっていたので処分した話

ミニマリズム




気づいたらハンガーだらけになっていた・・・?

どうも、Kenです。おびやか、されてます。

 

クローゼットを見てみたら、洋服よりもハンガーが多いことに気がつきました笑

服はルーティーンで着る以外のシャツやスーツなどを処分したので、すっきりし始めていたのですが、

それ以上に服をかけるハンガーが溜まっていた・・・・!

数えてみると、服の2.5倍ぐらいある感じになっていました。

おそらく、クリーニングにスーツを出した際にハンガーを新しくもらっていたため、溜まってしまったのでしょう。

服のかかっていないハンガーは明らかにいらない所有物だったので、このハンガーを一気に処分することにしました。

ハンガーを減らせば、服をかかけられなくなってしまいますので、服の数も減らすことにもつながるので一石二鳥。

 

 

意外と簡単!ハンガーの捨て方

ハンガーの捨て方はもちろんお住まいの地方自治体によって異なるのですが、僕が住んでいる所では、

ハンガーの素材によって捨て方を変える

ようになっていました。

分類方法としては、

  1. 金属
  2. プラスチック・木材

の2種類。

ハンガーが金属でできている場合は、危険物(金属・陶器・ガラス)で処分するようになっていて、プラスチック・木材のハンガーの場合は燃えるゴミとして普通に出していいようでした。

僕が溜め込んでいたハンガーはどれもこれもプラスチック素材。

燃えるゴミで全て出してみました。

 

このようにハンガーはプラスチックの素材ならば、捨てるのも簡単なので、ミニマリズムで一番最初に手をつけやすいを所有物だと思います。

しかも、ハンガーを減らすと同時にそれをかける服も減らすことができますので、ぜひミニマリズムの足がかりとして取り組んでみてください。

 

それでは!

Ken