【ダスキンの浄水器】おいしい水+2の大流量カートリッジを使ってみた口コミ・評判

ミニマリズム




ダスキンの浄水器を自宅に導入してペットボトルにおさらば

どうも、Kenです。深爪、予防してます。

 

ミニマリズムを実践するにあたって、なくしたいと思っていた習慣が

ペットボトルの水を買う

ということですね。

自宅で水を飲む際は水道水を飲まず、ペットボトルの水を飲むようにしていました。

2 L の大きいペットボトルを1〜2日ごと1本購入するようにしていて、月換算で20本ぐらい飲んでいることが判明(カウントしました笑)

この2 L のペットボトルは、スーパーやコンビニで購入して冷蔵庫に保管するような生活をしていましたね。

ペットボトル水 2L リットル

ただ、これだと、ペットボトルのおいしい水を飲めるのはいいのですが、

空のペットボトルが邪魔!

1週間も経てばペットボトルのゴミの量が増えてしまって、部屋が汚くなってしまいます。

煩わしいったらありゃしない。。

 

この煩わしさは当然のものとして受け入れていたのですが、「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」という本を読んだ時に、著者の方がこの煩わしさを感じていたらしく、浄水器に切り替えるようにしたといっていたのです。

 

そこで、僕も心機一転、浄水器を自宅に取り付けることにしました。

これでペットボトルの水にはおさらばです。

世の中には色々な浄水器が存在していますが、ぼくはダスキンの浄水器の

おいしい水プラス2の大流量カートリッジ

をチョイス。

 

なぜなら、僕の母がダスキンで勤めているからです笑

そのためか実家でもダスキンの浄水器を使っていて、ぼく自身、その浄水器の水が美味しかったのを覚えていたので、母に頼み、僕もダスキンの浄水器デビューをすることになりました。

今日はそのダスキンの浄水器の「おいしい水プラス2の大流量カートリッジ」の使い方、概要、使ってみた感想まで書いておこうと思います。

 

 

ダスキンの浄水器「おいしい水プラス2 大流量カートリッジ」とは?

まずはダスキンの浄水器の紹介ですね。

ダスキンの浄水器には次の4種類ありますよ。

  1. おいしい水+2
  2. おいしい水プチ2
  3. おいしい水アルファ
  4. 水栓一体型浄水器

僕はそのうち、母がおすすめする「おいしい水プラス2」を選んでみました。

で、この「おいしい水プラス2」には浄水器のカートリッジの違いによって、

  • 大流量カートリッジ
  • 高除去カートリッジ

の2つがありますが、高いですがより多くの有害物質を除去できる「大流量カートリッジ」で契約することにしたのです。

ダスキン浄水器 大流量カートリッジ

 

使い方

使い方は簡単。

浄水器を設置してもらったら、右のレバーをひねってメニューを変えるだけでいいのです。

ダスキン浄水器 大流量カートリッジ
  • 浄水
  • シャワー
  • 原水

という3つのメニューで水の種類を切り替えることができます。

取り付けはダスキンのスタッフの方がやってくれるみたいですね。

 

上の2つの浄水とシャワーはカートリッジを通して出てくる水なので浄水ということになりますね。

また、シャワーの工夫がすごい。

螺旋状にシャワーが出るようになっていて、水がハネないようになっているみたいですね、これ。

大流量カートリッジでは、スピード除去でジャバジャバと水を出しても浄水してくれ、なおかつ、次の11の物質を除去してくれる浄水器になっています。(除去率は80%)

  1. 遊離残留塩素
  2. 総トリハロメタン
  3. クロロホルム
  4. ブロモジクロロメタン
  5. ジブロモクロロメタン
  6. ブロモホルム
  7. テトラクロロエチレン
  8. トリクロロエチレン
  9. 1,1,1-トリクロロエタン
  10. CAT(農薬)
  11. 2-MIB(カビ臭)

 

さらに、50°までのお湯も浄水可能だと?

浄水場を沸騰させる手間が省けますね。

さらにさらに、1年ごと本体を無料交換してくれ、さらに4週間ごとにこちらのカートリッジと呼ばれるパーツを定期交換してもらえるみたいなので、浄水の美味しさをキープできるようになっているようです。

ダスキン浄水器 大流量カートリッジ

カートリッジはこのように簡単に取り外しできますよ。

ダスキン浄水器 大流量カートリッジ

気になる「おいしい水プラス2」の「大流量カートリッジ」は月額2,106円。

僕は母にこのお金を納めることになっています笑

 

ダスキンの浄水器おいしい水+2「大流量カートリッジ」を使ってみた感想

この大流量カートリッジの浄水器を使い始めて1ヶ月になりますので、その感想を書いておきましょう。

 

水の心配をしなくてもよくなった

浄水器を導入する前は、

「あれ、家に水あったかな・・・・」

と常にペットボトルの2 L の水があるかどうかを確認しなければならず、外出した時は買い忘れないように気をつける必要がありました。

買い忘れた時は近所の自動販売機で高い水を買わないといけず、むしゃくしゃしたときもありました。

ぶっちゃけ、水で消耗していましたね。

 

しかし、浄水器をつけてからはそのような心配が全くなくなりました。

浄水器をつけれていれば水道をひねればおいしい水が出てきますので、心配事が一つ減りましたね。

 

料理も浄水で作れるようになった

自宅で結構料理をする方だったのですが、料理には水道水の原水を使っていて、水にこだわっていませんでした。

しかし、浄水器があればもう大丈夫。

料理にも浄水を使うようになりましたので、今まで原水で料理していた時に混入していた有害物等を除去して料理ができるようになったのです。

若干、僕の手料理のうまさが向上したような気がしています笑

 

運ぶ手間が省けた

また2 L の水のペットボトルは正直重いです。

水は1 L で1 kg ありますので、2 L のペットボトルで2 kg ぐらいあるわけです。

そのクソ重いペットボトルをスーパーやコンビニから自宅までに運ばなければならず、いい筋トレにはなっていましたが、辛いっちゃつらかったです。

このペットボトルの水を運ぶ手間が省けたのはダスキンの浄水器のおかげですね。

 

ペットボトルを捨てる手間が省けた

ダスキンの浄水器を導入してから、ペットボトルのゴミが少なくなりました。

以前には一週間も経てば、ペットボトルで部屋が溢れかえっていたのですが、浄水器を導入してからゴミが格段に減りました。

2 L のでかいペットボトルがなくなって部屋のスペースが増えたような気がしています。

 

水を買う手間も省けた

外出した時は、水を買うためだけにスーパーやコンビニに入っていましたね。

しかし、ここで、ついで買いが起こるケースがありました。

ペットボトルの2Lのペットボトルの水だけ買うだけのために買い物に来ては、何か機会損失しているような気がしていたので、ついでに何か買わなくてもいいものを買っていた時がありました。

このように、水のついで買いを防止してくれているのがこの浄水器のありがたさですね。

 

普通にうまい

ダスキンの浄水器は冒頭で申したように、11の物質を除去率80%で除去してくれています。

  • 遊離残留塩素
  • 総トリハロメタン
  • クロロホルム
  • ブロモジクロロメタン
  • ジブロモクロロメタン
  • ブロモホルム
  • テトラクロロエチレン
  • トリクロロエチレン
  • 1,1,1-トリクロロエタン
  • CAT(農薬)
  • 2-MIB(カビ臭)

正直、導入前は浄水器の水の味が自分に馴染むか心配だったのですが、今では全く問題なく、ペットボトルと浄水器の水の味の違いが分からないぐらい自分の喉に行っていて普通においしいです。

おいしい水を水道からひねり出せるようになったのはありがたいですね。

 

 

さあ、ダスキンの浄水器を導入してみよう

以上がダスキンの浄水器を導入してみた感想でした。

僕はレビュー記事を書くときに、メリットだけではなくデメリットも書くようにしているのですが、このダスキンの浄水器のおいしい水プラス2大流量カートリッジはデメリットが見当たりませんでした。

しいて言うならば、

月額2106円という料金の高さ

ですかね。

しかし、僕は事前に計測したところ、2 L のペットボトルを月に20本ぐらい買っていましたので、料金的には変わらない生活ができています。

このように浄水器を導入する前は、

自分がいくら水に対して月額でお金を使っているのか??

という水の支出状況確かめると納得してダスキンの浄水器を導入することができると思います。

ダスキンの浄水器は一か月の無料体験がありますので、気になる方は良かったら体験してみてくださいね。

 

それでは!

Ken