現物だけ廃棄しよう!CDの中身を保存して処分する方法

CDの処分方法




CDを捨てたいんだけどどうする?

部屋の中にあるもので処分したかったのが

CD、通称、コンパクトディスクです。

僕自身、音楽はストリーミングサービスを専ら利用しているので、 CD で聴くことはないんですが、音楽というより語学学習や音楽の勉強するための参考書にCDがついてきしまうケースが多かったのです。

いわゆる書籍経由というやつですね。

僕自身、このような CD はジャケットなどのこだわりはなく、音楽ファイルさえ手元にあればいいので、

CDから音ファイルを抽出して現物のCDは捨てることにしました。

今日はその CD の処分方法についてまとめておきますね。

 

パソコンにMP3形式で保存する

まずはCD に収録されている音ファイルをパソコンに保存してあげましょう。

パソコンの CDドライブに CD を入れて、音楽ソフト経由で読み込めば簡単に保存できると思います。

僕の場合、 MacBook を使っていますので、 MacBook にCocoppaというドライバーをUSB接続し、

そのドライバーに CD を入れて、iTunes を立ち上げ、 mp3形式で保存しました。

 

音楽ファイルをクラウドに保存する

しかしながら、CD1枚あたり100 MB の音楽ファイルですので、 CD を処分すればするほどパソコンのストレージが CD のファイルでいっぱいになってしまいます。

それを避けるために僕は、

クラウドサービス Dropbox

を利用しました。

 

 

Dropbox の有料会員である「Dropbox Plus」 ならば2テラバイトまでファイルをアップロードできます。

20万枚までCDファイルを保存できるわけですね笑

このように PC 本体のストレージを CDの音楽ファイルで埋め尽くさないよう、どこか別の外部の保存先を用意しておくといいでしょう。

こちらのリンクから登録していただけると初回のストレージが2ギガから2.5ギガに進化するようなのでこれから Dropbox へ登録しようと思っている方はよかったら登録してみてくださいね。

 

CD本体は捨てる

CD の中の音楽ファイルを抽出したら、リアルの物体としての CD は用無しです。

早速ゴミに捨ててしまいましょう。

ちょっと昔まで、CD といえば危険物・不燃ゴミで捨てていましたが、どうやら最近は事情が変わってきてて、

燃えるゴミに出していいようです。

最近読んだ「ゴミ清掃員の日常」という本の中で、

焼却炉の技術が向上してきているのでCDは燃えるゴミとして出してもいいようになった

と知りました。

試しに東京都新宿区のゴミの分類を見てみると、 CD は「燃やすごみ」になっていましたね。

 

 

ただし、この焼却炉の技術の向上はもっぱらお住まいの自治体次第。

自治体のゴミの分類の確認をしてみることをおすすめします。

 

 

さあ、CDは中身を保存して現物は捨てよう!

以上、僕が実践している CD の処分方法でした。

これならば CD 本体を持たずとも、CDの音楽ファイルを抽出でき、さらに保存もできるようになります。

これならば CD がどっかに行ってしまうというハプニングが起きませんし、音源ファイルを探しやすくなりました。

ドロップボックスに保存しておけば名前で検索できるので、一瞬でお望みの方に音源にたどり着けると思います。

ぜひ家に CD が散らばってしまっていて枚数を減らしたいと考えている方は試してみてください。

 

それでは!

Ken