裁断機とスキャナーがあればできる!本・書籍を自炊する方法・やり方

ミニマリズム




裁断機とスキャナーがあれば本・書籍を自炊できる??

どうも、Kenです。ドリアン、開封しました。

 

人生で大切なものだけを所有し、あとは処分して世の中に必要としている人に渡す

ということを取り組み始めました。

中でも僕が所有してしまっていたのが、

すでに読んだ本・書籍たち

でした。

これまで本、書籍はなぜか捨てられず、本棚やタンスにしまっていました。

がしかし心機一転、自分を変えるために書籍たちを処分することにしたのです。

 

ただ、すべての本が捨てられるわけでもなく、

繰り返し読みたい自分にとって大事な本

も当然ありました。

そういう大切な本に関しては

スキャンして電子書籍化する

という「自炊」という方法をとることにしたのです。

 

まず本を裁断してバラバラにしてから、スキャンして電子書籍化することで、

好きな本の内容をいつでもどこでも見返せるようになりました。

本の自炊に使ったのは次の3つのアイテムですね。

  • 裁断機 DX 200
  • スキャナー ScanSnap iX500
  • ハサミ

 

 

初心者でもできる!本・書籍の自炊方法・やり方

ってことで、僕が実践した本の自炊方法を紹介していきましょう。

 

本の厚みをチェックする

電子書籍化したい本の厚みをチェックしましょう。

「DX200」という裁断機は、最大18 mmの厚みまで裁断できます。

ページ数でいうと、

200~300ページまで一度に裁断できるのです。

 

本を分解する

それよりも分厚い書籍は分解しなければですね。

分解するときは本を開いて、ハサミでチョキチョキ切るようにします。

ハサミと握力があれば誰でも分解できると思います。

 

裁断できる厚みになったら、表紙を切っていきます。

表紙トップだけを残すためにハサミでちょきちょき。

裁断機 200dx Durodex

トップ以外を処分して、表紙トップを1ページ目として読み込んでいきます。

 

あとは書籍本体の分解です。

本の最初と最後の厚紙部分をビリビリっと切り離し、ページ部分だけを残すようにします↓

裁断機 200dx Durodex

これで裁断の準備完了ですね。

 

裁断する

本をセットして裁断していきましょう。

裁断機 200dx Durodex

詳しくは「DX 200という裁断機の使い方」を参照していただきたいのですが、簡単に言うと

ロックを解除しながらハンドルを下げる

ことで本を裁断できます。

 

DX200は本のサイズと、メモリの定規が備え付けられているので、狙ったところで本を裁断できるでしょう。

 

裁断機 200dx Durodex

裁断に成功すると、こんな感じで書籍を分解できると思います。

裁断機 200dx Durodex

 

スキャンする

裁断した書籍をスキャンしていきます。

今回使うのは「富士通の ScanSnap iX500」です。

ScanSnap iX500 使い方

 

PC に接続してスタートボタンを押すと、書籍のページを高速で読み込んでくれます。

ScanSnap iX500 使い方

書籍の厚みにもよりますが、だいたい5〜10分でスキャンは完了するでしょう。

詳しくは「ScanSnap iX500の使い方」を読んでみてくださいね。

 

保存する

スキャンしてやると、PC 上にファイルを保存できます。

PDFファイルで保存されますよ。

そのファイルをパソコンのローカル上に保存しておく、もしくは、クラウドサービスや外付け HDD などにバックアップしておきましょう。

僕はDropboxというクラウドサービスを利用しています。

有料プランの「Dropbox Plus」ならば2テラバイトまでアップロードできるので、ほぼ無限に本のデータを保存でます笑

こちらのリンクから登録すると初回のストレージが2ギガから2.5ギガに進化します。これから Dropbox へ登録しようと思っている方はよかったら登録してみてくださいね

 

ゴミに捨てる

裁断した書籍は残念ながら用はありませんので、ゴミに出してしまいましょう。

今まで燃えるゴミで出してしまっていたんですが、資源ごみの方が良さそうですね。

本の紙が再利用されるかもしれません。

 

 

とはいえ、自炊する本を選ぶようにしよう

以上が本・書籍を自炊して電子書籍化する方法でした。

自炊をマスターしてから、捨てられなかった大事な本も破棄できるようになりました。

一旦、PDFで保存しておけば、パソコンやタブレット、スマートフォンからいつでも閲覧できるようになります。

 

という感じで、本の電子書籍化はハッピーであることは間違い無いのですが、

一冊の本を自炊するのには手間と時間もかかる

ということも覚えておきましょう。

裁断機の刃は摩耗しますし、スキャナーの用紙を送るホイールも疲れていってしまうみたいです。

何よりも、この自炊作業は肉体労働に近いため、

一冊自炊するとそれなりに疲れるのです。

 

したがって、本を処分したいときは、

自炊する本を選ぶ

ことをおすすめします。

「できれば残しておきたい・・・」

「何度でも読み返したい・・・・」

という自分にとって特別な書籍だけ自炊し、それ以外は

  1. 資源ごみに出す
  2. ブックオフで買い取り出張に来てもらう
  3. フリマアプリで出品して売る

というのがおすすめです。

僕も自炊以外にもこれらの方法を駆使し、なんとか家の本を処分できました。

僕と同じように部屋が本で埋もれている方は、大事な本だけスキャンして所有物を減らしていきましょう。

 

それでは!

Ken